胸毛処理

胸毛が生える原因〜濃い胸毛は日本人に似合わない

人には髪の毛や眉毛、すね毛など様々なところに毛が生えています。
これらの毛には個人差があり、毛が薄い人や濃い人など人それぞれです。
また、男女でも体毛に差があります。

男性は、すね毛や腕毛など、女性よりも体毛が濃いという特徴があります。
特に、胸毛はほとんど男性にのみ見受けられ、女性にはほとんど生えてきません。
そのため、外国人の俳優やモデルは、胸元大きく開け、胸毛を見せて男性らしさやセクシーさをアピールする傾向があります。
人によって様々ですが、欧米人の胸毛は色も体毛に近く、さらに濃い人が多いため、悪目立ちはしなく、魅力のポイントとなるのも納得できます。

このように、胸毛が生えるのはホルモンの働きが大きく関係しています。
一般的に、胸毛だけでなく、体毛が濃くなる原因としては、男性ホルモンが活発に働いているからだと言われています。
13〜17歳の二次性徴期に男子と女子で毛の濃さが大きく変わってきます。
これも男性ホルモンの働きです。
男性ホルモンが分泌されることによって体毛が生え、胸毛の濃さにも差が出てくるのです。

さらに、男性ホルモンは普段の生活習慣や食生活の影響を大きく受けます。
ストレスが溜まったり、お肉やジャンクフードばかり食べていると、ホルモンバランスがくずれてしまいます。
その影響で、胸毛を含めた体毛が濃くなるという傾向があります。
この傾向は、男性だけではなく女性に当てはまります。

また、胸毛の原因は男性ホルモンだけでなく、遺伝によっても個人差があるとされています。
自分の両親だけでなく、祖父母からの隔世遺伝も含め、親族の影響を大きく受けます。
これも、胸毛だけでなく、全体の体毛に当てはまることです。
毛の濃さだけでなく、毛色やくせ毛か直毛かも遺伝が影響します。
そのため、両親に胸毛が生えている人は、そうでない人より胸毛が生えやすいと言えます。

このように、胸毛の原因には遺伝やホルモンなど、先天的なものが大きく関係しています。
外国人が胸毛をアピールしている一方で、日本人の場合はあまり胸毛を見せません。
むしろコンプレックスを抱いている人が多いです。

日本人の場合は、外国人よりも胸毛が薄く、色も黒で余計に目立っていまいます。
そのため、胸毛を見せていると違和感がおきてしまいます。
また、日本では胸毛を見せる文化もないため、胸毛を剃ったり隠したりする人がほとんどです。
自分の体毛や体質をしっかり理解し、自分にあった処理方法をおこなうことが大切です。

胸毛をなくす・薄くする方法

胸毛は外国人が見せると、男らしく、さらにセクシーに見えます。
日本人にはない特徴で魅力的に感じる方も多いのではないでしょうか。
その一方で、日本人はあまり胸毛を露出しません。
むしろ、胸毛が濃いことにコンプレックスを抱いている人も多くいます。

日本人の毛色や毛質からしても、日本人の胸毛露出は目立ちすぎてしまいます。
そのため、胸毛の処理をおこなう人も増えています。

現在では、胸毛を薄くするだけではなく、生えないようにする方法もでてきており、胸毛の処理の仕方も多種多様になっています。
一般的に多くの方に知られている、胸毛の処理方法は、胸毛を剃る、除毛する、脱色するなど比較的気軽にできる方法だと思います。
その一方で、永久脱毛やレーザーなど、長期間胸毛が生えないようにする方法もでてきています。
胸毛を剃ったり除毛するのは、家で気軽にでき、費用も多くかかりません。

また、最近では効果の高いクリームやカミソリがでてきているので、処理したあともきれいになりやすいです。
少し胸毛が気になる程度の方であれば、このような簡単な処理でも十分効果を発揮できます。

一方で、レーザーや永久脱毛は、費用はかかるものの、効果は半永久的です。
さらに、胸毛が生えてくるのを抑えることもでき、胸毛が濃い人にも効果的です。
1回の処理では完了しませんが、10回程度の処理で、胸毛がきれいになりますし、頻繁に自分で処理する必要がないのも、嬉しいポイントです。
胸毛が濃すぎて悩んでいる人や、剃ってもすぐに生えてしまう方にとっては、非常に効果的な方法です。

このように、胸毛の処理方法といっても、胸毛の濃さや体質によって、様々な方法があります。
どの方法でも、最近では非常に器具や処理方法の性能が上がってきています。
胸毛にコンプレックスを持っている人は、処理したほうが濃くなるのでは、処理しても意味ないのでは、と心配する前に気軽に出来る方法から試してみるのがおすすめです。

胸毛を剃る

胸毛の処理方法は多種多様になっており、気軽にできるものから、専門的な半永久的なものまで幅広くなっています。
できれば、生えないように永久脱毛やレーザーの処理をしたいという人がほとんどでしょう。
しかし、費用的にもなかなか気軽にできるものではありませんし、10代の学生さん達にとってもなかなかできない処理方法です。

そのため、多くの方がまず試すのが、胸毛を剃るという方法です。
カミソリとクリームさえあれば、自宅のお風呂でも実行でき、時間もそこまでかかりません。
また、抜いたりするのとは違い、痛みもなく、簡単にできます。

その一方で、すぐに生えてきてしまうというデメリットもあります。
最近の、カミソリやクリームは高性能であり、奥の方から剃ることができます。

しかし、限界があり、人によっては剃って2〜3日したらすぐ生えてきてしまう人もいます。
また、剃ったあとに、チクチクするような剃り跡も残ってしまいます。
胸毛が濃い人にとっては、剃り跡が目立ってしまうため、逆に気になってしまう人もいます。
さらに、クリームをぬらずに剃ったり、古いカミソリを使って剃ると、肌を傷つけてしまい、毛が濃くなってしまうこともあります。
そのため、クリームを使って、清潔なカミソリで胸毛を剃るということが大前提となります。

さらに、お風呂や蒸しタオルなどで、胸毛の部分を温めるとさらに、剃りやすくなります。
毛穴がひらき、毛や皮膚が柔らかくなります。
そのため、毛の根元から剃ることができ、肌を傷つけることもありません。
胸毛の剃り方を気をつけることで、効果はさらに高まります。

このように、胸毛を剃るのは気軽である反面、長期的な効果は期待できません。
しかし、あまり胸毛が生えていない人や、一時的な効果を期待している人にとっては、ぴったりの方法です。
友人と旅行に行く予定がある人や、修学旅行がある学生さんには丁度いい方法です。
最近では、様々なカミソリやクリームなどが出ているので、自分に合うものから試してみるのがおすすめです。

胸毛を抜く

胸毛の処理方法には様々な方法がありますが、半永久的に効果が持続するものは、費用がかかってしまい、なかなか踏み出せない人が多くいると思います。
一方で、気軽にできる処理方法は、効果が一時的なものが多いというデメリットもあります。
しかし、中には、家でできる方法で効果を長めに持続させ、毛を薄くすることができる方法もあります。
それが、胸毛を抜くという方法です。

毛を抜くとなると、根元の方から毛を取り除くことができるので、剃ったり、除毛をしたりするよりも、毛が生えてくるまで時間がかかります。
さらに、毛も薄くすることができます。毛根の根元には、毛乳頭というものがあります。
毛乳頭は、栄養を毛にあたえる働きがあり、栄養がいくことで、毛が長く生えたり、濃くなったりします。
毛を抜くことで毛乳頭に傷がつき、次生えてくる毛が生えてこなかったり、薄い毛が生えてくるようになります。

毛が生えてきたとしても、毛乳頭にダメージを与えているので、次抜くときは前回よりも簡単に抜きやすくなります。
個人差があるもの、奥の方から、毛を取り除けるので、家でできる他の処理方法よりも、効果が長く、毛が薄くなるというメリットもあります。

その一方で、デメリットがあるのも事実です。
毛を抜くとなると、毛穴はもちろんのこと肌の表面も傷つけてしまいます。
その結果、雑菌が入り、吹き出物ができてしまったり、乾燥の原因になってしまいます。
さらに、毛が皮膚内に埋没してしまう埋没毛を引き起こしてしまうこともあります。

埋没毛になってしまうと、毛が抜くなくなったり、抜くときに皮膚を傷つけないと抜けなくなってしまいます。
このような状況は、あらゆる肌トラブルを引き起こしてしまいます。
胸毛の部分は特にデリケートな部分であり、さらに汗がたまりやすい場所でもあるので、他の体の部分より、トラブルを起こしやすいです。
できるだけ、専門の器具などを使って、ケアすることが大切です。

胸毛除毛〜脱毛クリーム

胸毛は人によっては、量が多く、処理が困難な場合があります。
抜くとしても量が多く、剃るにしてもチクチクしてしまう人も少なくありません。

そのような方の胸毛の処理方法としておすすめなのが、脱毛クリームによる除毛方法です。
自宅ででき、費用もさほどかからないのも嬉しいポイントです。
最近では、男性用のクリームも充実しており、濃い胸毛やすね毛用のクリームも発売されています。
脱毛クリームは、毛を剃ったり抜いたりするよりも簡単にできます。

脱毛クリームを気になる部分に塗り、一定時間置くと、水で流したとき、クリームと一緒に毛も一緒に流れるという仕組みになっています。
毛を溶かすことで毛を取り除くので、剃ったり抜いたりした時のようなチクチク感はありません。
また、剃ったあともつるつるしており、胸毛があったことを感じさせないような仕上がりになります。

さらに、現在では、脱毛クリームも多様化しています。
肌荒れしやすい人には、フルーツや豆乳成分を配合した肌に優しい脱毛クリーム、毛が多い方には、除毛成分を多く含んだクリームなど個人の毛質や毛量によってクリームを使い分けることができます。

このような除毛方法は、気軽にできたり、クリームを変えたりできるなどメリットが非常に多くなります。
しかし、その一方で、リスクやデメリットもあるのも事実です。

実際、人によっては、クリームが肌に合わず、かぶれたり肌にトラブルを引き起こしてしまう可能性があります。
また、胸に汗をかいてあせもができている人やアトピーがある人は、クリームをきっかけに炎症を起こす可能性があります。
さらに、クリームは溶かすことで毛を処理するので、毛の根元は残ったままです。
そのため、毛を抜いたり剃ったりするよりも、早く毛が生えてきます。
頻繁に、処理をおこなう必要があります。

このように、脱毛クリームにはメリットもデメリットもあります。
肌がかぶれているようであれば、すぐ使用をやめるなど、臨機応変な対応が大切です。

胸毛脱毛

外国人と違って、日本人はなかなか胸毛を生やしてアピールする人はいません。
胸毛にコンプレックスを抱いてる人の多くは、自分で処理をしています。
胸毛の処理方法として、剃る、抜く、除毛など様々な方法があります。
どの方法も気軽にできるものの、効果は一時的なものになります。

長期的な効果や、永久的な効果を期待するとなると、自宅での処理は、非常に難しくなります。
長期的な効果を期待するとなると、永久脱毛やレーザーなど専門機関での処理が必須となります。
料金は多くかかってしまうものの、胸毛が多い人にも濃い人も効果は抜群です。
女性の永久脱毛は浸透しており、様々な脱毛サロンや脱毛機器ができてきています。

一方で、男性の脱毛は女性ほど浸透していない傾向があります。
しかし、男性用の機器やサロンも、現在は充実しており、非常に通いやすくなっています。
さらに、レーザーなどの永久的なものの他に、比較的安く手軽なフラッシュ脱毛というものも登場しました。

このように、男性の胸毛の悩みを解決するよう様々な専門機器や場所が年々増えています。
多くの男性は、脱毛するのが恥ずかしい、男性が脱毛するのだろうか、料金が高いのでは、と躊躇しているのではないのでしょうか。

実際、数年前までは、脱毛は女性がするものであり、男性用のサロンはあまりありませんでした。
しかし、脱毛する男性の増加に伴い、男性の脱毛を取り扱うサロンも増えてきております。
また、料金もお試し料金などのキャンペーンが充実しており、以前よりも安い料金で施術ができるのもポイントです。

さらに、脱毛サロンや医療機関も多様化しており、施術方法や料金も幅広くなっています。
施術方法としては、サロンで気軽にできる半永久的なものから、医療機関でおこなう永久的なものに分けられます。
脱毛サロンでは、料金も数万円程度になりますが、医療機関となると数十万円するところもあります。

このように、永久脱毛といえども、いろいろな種類があります。
そのため、自分の胸毛の濃さや、体質に合わせて脱毛方法を選ぶことができます。
しっかりとお医者さんやサロンのスタッフとしっかり相談をし、自分に合った施術をおこなうことが大切です。

また、サロンでも医療機関でも施術は最低でも5〜6回は必要なため、自分が通いやすい場所を選ぶのもポイントです。
脱毛に抵抗がある方も、まずはカウンセリングだけでも行ってみるのがおすすめです。